肩こり解消ポイントその1

 

肩こりの原因とは・・・?
PC作業やデスクワーク
筋疲労
目の疲れ
運動不足
ストレス
などなど...
もはや現代人に肩こりない人の方が
少ないですよね...
私が今まで出会った中で
最年少のお客様が
中学2年生の女の子でした。
彼女もまた肩こりに悩まされ
お母様といらっしゃいました。
本当に肩周りが
かたーくなっていてびっくり。
学校へ持って行く荷物が
多いんだとか…
そういえば
小学生でも学校に教科書を
置いていってはいけないということで
重く分厚い教科書も持って帰って
ということが話題になっていますよね。
私の時代よりも重たい荷物で
通学しているなんて…
もう今は肩こりに
年齢も関係なくなってきているのですね…
体の中で一番届きそうで届かない、
それが肩。
肩こりを解消するための
ポイントが3つあります。
今回はそのうちの1つをご紹介します。
肩こり解消ポイント
その① 首
 
頭の重さは約5キロ。
両腕の重さは合わせて約6キロ。
およそ11キロの重さを首が支えてくれています。
私の息子が今11キロに近い体重なので
息子を抱っこでなく常に首にぶら下げてると考えると
想像だけでも首がカチカチになってしまいます…‼︎
みなさんは首にこれだけの負担がかかっていたこと
ご存知でしたか?
しかも!!
現代はスマホが欠かせない時代。
頭の傾きが首への負担を加速させています。
スマホ時の首の負担は通常の役4倍と言われています!!
悲鳴ですね…
 
また、人間の行動は全て
脳から神経の伝達によって始まります。
首は神経伝達の重要な通路になりますので
神経もたくさん張り巡らされています。
首は筋肉だけでなく神経伝達でも使われている為
とーっても疲れやすい部位なんです。
乳酸がたまるとパンパンに。
血流が悪くなる(冷えやすい)
酸素の運搬も悪くなる(疲労が取れにくい)
頭、脳への血流も悪くなり(頭痛など)
神経の伝達が悪くなる(筋肉の動きやホルモンバランスの乱れ)
この悪循環にハマっていきます。
目に見える症状としては
首が太くなる、短く見える
腕の付け根から二の腕にかけて
脂肪がつきやすくなる
顔がむくむ、くすむ
血色が悪い
クマが目立つ
乾燥
太って見える
自分で感じる症状としては
頭痛
目の疲れ
取れない肩の痛み
首の痛み
腕の重さを感じる
頭の回転が遅くなる
呼吸がしづらくなる
肩こり肩こりといってるけれど
その前に首が悲鳴あげているんです…
首をケアしてあげることで
凝り固まった疲労も流れ
可動範囲が広がります!!
首のケアをしてくれるところって
本当に少ないんですよね
やっぱり腰や肩、
下半身の方が範囲も広いので
時間も多く使われます。
首はやっても5分しないくらい
じゃないでしょうか…
もっともっとしっかり時間をかけて
ありとあらゆる角度と方法で
首のケアをしてあげたら
どんなに変わるか!!!
そう思いながらやらずに生きて来た数年…
やってないなら自分がやるしかない!
このサロンもそんな想いが
つまってつまって生まれました。
とにかくやってほしい!という首のケアを
とことん組み込んでますので
今までこんなにされたことない!
と思うはず。
ぜひサロンにてご体験ください♪
肩こり解消ポイントその2はまた後日!
読んでいただきありがとうございました。